庭

庭木の美しさは剪定から|注意点を把握しておこう

砂利のメリットと種類

砂利

砂利を使って庭をアレンジすることで、おしゃれな雰囲気を醸し出すことができます。庭に砂利を使用するメリットはいくつかあります。興味がある人は参考にしてみてください。

もっと読む

芝生の正しい手入れ方法

芝生

芝生のある庭にあこがれている人は珍しくありません。芝生はメンテナンスを怠ってしまうとすぐに枯れてしまうので、手入れが重要になります。綺麗な芝生を維持するためにも正しい手入れ方法を把握しておきましょう。

もっと読む

剪定における注意点

剪定

庭の木は家の外観を美しく見せるためにも綺麗にしておく必要があります。庭木のお手入れで欠かせない作業の一つに剪定があります。木が成長するスピードはバラバラです。そのため、枝の長さがアンバランスになり見た目が悪くなってしまいます。剪定では伸びすぎた枝を短くしたり、他の枝の成長を妨げるような枝を切ったりします。そうすることで木に当たる陽の光を均一にすることができますし、風通しが良くなります。風通しが良くなると、木に悪い影響を与える害虫が寄り付かないようになるので、木が健康に育つのです。また、庭の木が成長しすぎると部屋に差し込む陽の光が遮られてしまうので、部屋の日当たりを良くするためにも剪定は必要な作業なのです。

もし自分で剪定をするということであれば、失敗しないようにいくつか注意点を把握しておく必要があります。まず一つ目が、木の根元の枝は切り落とすということです。木の根元には細い枝が何本も生えてきます。土から吸い上げた栄養分を根元近くの細い枝が吸収してしまい、上の方まで栄養が行き渡らなくなってしまうのです。そのため、木の根元の細い枝は見つけたらすぐに切り落として根元をすっきりさせてあげましょう。二つ目は、木の枝が左右対称にならないようにするということです。素人がやってしまいがちですが、枝は左右対称よりも互い違いになっていたほうが見た目が自然ですし、風通しも良くなるので覚えておきましょう。もし自分で剪定して失敗しないか不安なら、業者に頼むのもありです。剪定に関しての知識が豊富なプロに任せたほうが綺麗に仕上げてもらうことができるでしょう。

木々を間伐する必要性

葉っぱ

自然は人間にとって欠かすことのできない大事な資源です。大切な自然を守るための取り組みはたくさんあり、その中の一つに間伐というものがあります。間伐をすることでどんなメリットが得られるのか調べてみました。

もっと読む