庭

庭木の美しさは剪定から|注意点を把握しておこう

芝生の正しい手入れ方法

芝生

庭に芝生があると、見た目も綺麗ですし子供が走り回っても安心です。芝生は衝撃を吸収することができる自然のクッションです。そのため、子供が走り回っている時に転んでしまっても怪我をするリスクが低くなるのです。また、芝生には地熱を吸収して気温が高くならないようにしてくれるので、夏でも快適に過ごすことができるというメリットがあります。そんな魅力的な芝生ですが、綺麗な芝生を維持するには手入れが肝心です。手入れの方法が間違っていたり、面倒だからとさぼってしまったりするとすぐに枯れてしまいます。そうなると見た目が悪くなってしまうので、芝生のある庭にする前に芝生の正しい手入れ方法を知っておく必要があります。まず芝刈りですが、春や秋は芝の成長期にあたります。芝が伸びすぎていると見栄えも悪くなってしまうので、こまめに芝刈りをするようにしましょう。芝を刈りすぎると下の白い部分が見えてしまい、芝が弱ってしまうことがあるので気を付けましょう。そして、芝生の成長に欠かせないのが水やりです。水をきちんとあげていないと、芝が枯れてしまいます。水やりの頻度は季節によって異なります。夏のように水分がすぐに蒸発してしまうような暑い時期には、毎日水やりをするようにしてください。春は比較的涼しいので3~4日に1回のペースで問題ありません。地域によっては気候に差があるので、自分の住んでいる地域の気候も考慮した上で水やりをするようにしましょう。正しい手入れ方法を守って、いつまでも美しい芝生を保てるようにしましょう。